証券投資セミナー チャート分析

                                                                             
ビッグイベント時のディーリング ~指数先物オプションの歴史~ 2017年08月04日
  • セミナー(投資入門部):『ビッグイベント時のディーリング ~指数先物オプションの歴史~』
  • 講師:本河 裕二氏 元証券ディーラー
  • 場所:事務局セミナー室(兜町平和ビル4階)
  • 日時:8月4日(金)18:30~20:00
  • 内容:証券業界特にディーリングの世界では知らない人はいないという伝説の先物オプションディーラー本河氏をお招きし、1990年に同氏が証券会社入社以来、先物オプション市場で起きたことをディーリングの思い出を交えながら振り返っていきます。日計りの最大損失はわずか500万円に対して、最大利益は6110万円という驚異的な実績を残してきた元ディーラーの話を聞くことができるまたとない機会です。セミナーでは、日経平均のチャートをみながら、ビッグイベントが起きた時にどんなディーリングをしてきたかを解説していただく予定です。皆様のお越しをお待ちしています。
  • 受講対象者:・ディーリングに興味のある方・負けないディーリングの仕方を知りたい方
  • 講師プロフィール:1990年4月に証券会社に入社。トレーダー兼ディーラーとして先物オプションを中心に取引を行う。1992年よりディーラー専任となり、2014年に証券会社を辞めるまでディーラー一筋。主な取扱商品は、225先物、オプション、TOPIX先物など。ディーラーとしての収益トータルは30億円。
  • 会員向けセミナー動画配信:有
セミナーに参加する
クオンツ運用における人工知能技術(AI)の活用 2017年08月07日
  • セミナー(研究Ⅰ部):『クオンツ運用における人工知能技術(AI)の活用 』
  • 講師:中川 慧氏 日興グローバルラップ株式会社 アセットアロケーションチームクオンツアナリスト
  • 講師:今村 光良氏 日興グローバルラップ株式会社 クオンツアナリスト
  • 場所:事務局セミナー室(兜町平和ビル4階)
  • 日時:8月7日(月)18:30~20:00
  • 内容:過去の株価変動のパターンは将来の株価予測のための特徴量として有効なのでしょうか? 過去の膨大な株価データやそれに織り込まれた投資家心理や行動を基にしたパターンを見つけるため、AI(人工知能)は非常に強力なツールです。 AIを活用した「パターン認識」は、テクニカル分析と親和性が高く、今後様々なクオンツ運用に取り入れられていくと考えられます。 このようなAIを用いたパターン認識は実際に投資戦略としても有効性が高いことを、今年度のテクニカルアナリストジャーナル佳作受賞論文「深層学習を用いたカオス時系列解析によるテクニカル分析」の内容も含め、様々な例をもとに検証します。
  • 講師プロフィール:
  • <中川氏>大阪生まれ。2012年京都大学経済学部卒。 同年よりニッセイアセットマネジメント株式会社にてファンドのリスク管理に携わり、のちにクオンツ運用チームを兼務する。その後、三井住友アセットマネジメント株式会社の株式運用グループにてクオンツ運用担当を務め、国内/海外株式ファンド運用やモデル開発を行う。2016年より日興グローバルラップ株式会社へ出向し、アセットアロケーションファンドの運用と先端的なクオンツ運用戦略の開発に取り組む(現在に至る)2015年筑波大学大学院より経営学修士(MBA)取得。現在、筑波大学大学院企業科学専攻(博士課程)在学中。
kei_nakagawa
  • <今村氏>2014年北陸先端科学技術大学院大学修了(情報科学)。同年日本ヒューレットパッカード株式会社(現:日本ヒューレットパッカードエンタープライズ株式会社)に入社し、金融事業部に配属。その後、日本マイクロソフト株式会社にてネットワークエンジニアを務め、法人向けの技術支援に従事する。現在、日興グローバルラップ株式会社のクオンツアナリストを務め、人工知能技術等を活用したクオンツ運用戦略の開発に従事する。また、筑波大学大学院システム情報工学研究科リスク工学専攻博士後期課程に在学中であり、人工知能技術の金融リスクへの応用に取り組んでいる。
mituyoshi_imamura-s
  • 会員向けセミナー動画配信:無
セミナーに参加する
ブラッシュアップ講座~フォーメーション分析~ 2017年08月17日
  • セミナー(研究Ⅱ部):『ブラッシュアップ講座~フォーメーション分析~』
  • 講師:清水 三津雄氏 CFTe 日本アジア証券株式会社 グローバル・マーケティング部 エクイティ・ストラテジスト
  • 場所:事務局セミナー室(兜町平和ビル4階)
  • 日時:8月17日(木)18:30~20:00
  • 内容:2017年4月~10月、ブラッシュアップ講座を全7回開催中。NTAA講師陣がトレンド、オシレーター、サイクル、パターン、出来高分析等をわかりやすく解説します。8月は日本アジア証券株式会社の清水三津雄先生がご登壇。フォーメーション分析を分かり易く解説していただきます。。第2次通信教育講座受講生は必見です!通信教育講座受講者以外にもお役立ち情報満載。皆様のお越しをお待ちしております。
  • 講師プロフィール:日本アジア証券エクイティ・ストラテジスト。歯切れの良さと分かりやすい説明に加え、ピンポイントの銘柄分析に定評がある。セミナー講師を年間50回以上務め、個人投資家との対話が好評を博す。「ラジオNIKKEI」「日経CNBC」「ストックボイス」にレギュラー出演中。
  • 会員向けセミナー動画配信:無
セミナーに参加する
資産運用業界が期待する人工知能(AI)~テクニカル分析の活用も踏まえて~ 2017年08月18日
  • セミナー(研究Ⅰ部):『資産運用業界が期待する人工知能(AI)~テクニカル分析の活用も踏まえて~』
  • 講師:水田 孝信氏 スパークス・アセット・マネジメント株式会社 運用調査本部 ファンドマネージャー 兼 上席研究員
  • 場所:事務局セミナー室(兜町平和ビル4階)
  • 日時:8月18日(金)18:30~20:00
  • 内容:最近の人工知能ブームはメディアなどで多く取り上げられています。「人工知能が得意なこと苦手なことが人間のそれらと全く異なる」ということへの理解が進んでいないため、実現困難な物も語られている一方、とても期待できる分野があまり紹介されていない印象もあります。本公演ではそもそも人工知能とはどのようなことが得意・不得意なのかを説明し、資産運用業界にとって期待される人工知能の適用分野を紹介します。新聞や決算短信などのテキストデータを人工知能に処理させることによる企業調査活動の効率化や投資判断を補佐する情報の提示、全板情報の高速な分析による執行アルゴリズムの改善、使用するテクニカル指標の選択、といった直接フロントの現場で使うものから、不公正取引の検挙、人工市場シミュレーションを用いた金融市場の規制・制度の議論といった市場をより公正にするのに役立つ技術も紹介します。
  • 講師プロフィール:2002年東京大学大学院理学系研究科修士課程修了、2004年スパークス・アセット・マネジメント株式会社入社、クオンツアナリストなどを経て2010年より現職。2014年東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。博士(工学)。同年より東京大学公共政策大学院非常勤講師。2016年度より人工知能学会金融情報学研究会幹事。2010年度および2012年度、人工知能学会研究会優秀賞。国際学術会議 IEEE Conference Computational Intelligence for Financial Engineering and Economics 2014で3rd place award受賞。
  • 会員向けセミナー動画配信:有
Takanobu_Mizuta-s
セミナーに参加する
Python3を用いてポートフォリオのリバランスの効果を検証する 2017年08月21日
  • セミナー(数理研究部):『Python3を用いてポートフォリオのリバランスの効果を検証する』
  • 講師:森谷 博之氏 QUASERS22代表
  • 場所:事務局セミナー室(兜町平和ビル4階)
  • 日時:8月21日(月)18:30~20:00
  • 内容:長期投資の際には、トレンドに追随する型の戦略が理想的であると考えられがちです。しかし、価格の動きが確率的現象である限りにおいて、トレンドの発生を事前に予測することは容易ではありません。ポジションを取った後にトレンドの発生までに長い時間を擁したという経験は誰でも持っています。今回は、トレンド追随型の戦略であっても逆張り的発想が必要であるのだという事実をバックテストとモンテカルロ・シミュレーションを用いて説明していきます。2資産におけるポートフォリオのリバランスの効果を説明した後に、複数資産に拡張し、最後に国際分散投資に話を進めます。価格は正規分布にしたがう場合だけでなく、より実践に近い形での乱数を発生させ分析に用います。今回の内容は、「Python3ではじめるシステムトレード」、日経ソフトウェア8月号掲載の「Pythonで投資の王道を学ぶ」、「統計学の7原則」「シュワッガーのテクニカル分析」「為替オーバーレイ」「Universal Hedging」 by F.Blackの内容を参考にしています。また8月末に日経BPより私の4つの連載記事を掲載する「個人投資家のためのFinTechプログラミング」が発売されます。
  • 会員向けセミナー動画配信:有
セミナーに参加する
日本株の需給関係と今後の見通し 2017年08月29日
  • セミナー(講演Ⅰ部):『日本株の需給関係と今後の見通し』
  • 講師:藤原 尚之氏 エフ・エリオット代表
  • 場所:事務局セミナー室(兜町平和ビル4階)
  • 日時:8月29日(火)18:30~20:00
  • 内容:マスコミ等でお馴染みの株式会社エフ・エリオットの藤原尚之氏(CFTe)を講師としてお迎えし、「日本株の需給関係と今後の見通し」をテーマに、日本株は誰が買っているのか、中長期の海外投資家や個人投資家はいつか日本買いに転じるのか、今後の注意点とテクニカル指標から下期の日本株の動きを予想していただきます。テクニカル分析の研鑽を積む機会であると同時に、講師への質問や名刺交換をされたい方、参加者同士のネットワーク作りなどのよい機会になることと思います。個人投資家や機関投資家をはじめ、営業関係に携わる金融マンの方など、多数のご参加をお待ちしております。
  • 講師プロフィール: CSFBやUBSなどでセールス業務に従事した後、98年よりJPモルガン証券にてシニア・テクニカル・ストラテジストとして活躍。03年JPモルガン証券を退社し(株)エフ・エリオットを設立、メールによる市場分析レポートを配信。2000年度日経金融新聞人気アナリスト・ランキング第3位、2005年度も独立系で初めて9位にランク・イン、2008年度は10位(日経ヴェリタス) 、2012年度は12位(日経ヴェリタス)。日本テクニカルアナリスト協会検定会員、リスクマネジメント協会認定会員。毎週月曜日の朝、寄り付き前に日経CNBC「朝エクスプレス」に電話出演中。
  • 会員向けセミナー動画配信:有
藤原尚之2
セミナーに参加する