MENU

NTAA 国際テクニカルアナリスト連盟(IFTA)加盟 日本テクニカルアナリスト協会 特定非営利活動法人(NPO法人)

証券投資セミナー チャート分析

当面の内外株式市場見通しと投資戦略

  • セミナー(投資入門部):『当面の内外株式市場見通しと投資戦略』
  • 講師:倉持 靖彦氏 みずほ証券 投資情報部 部長
  • 場所:事務局セミナー室(兜町平和ビル4階)
  • 日時:3月5日(木)18:30~20:00
  • 内容:当面の国内および海外の株式市場動向について、各種メディアでもおなじみの倉持氏に解説していただきます。そのうえでどのような投資戦略が有効かお話いただきます。

(研究一部)「MFTA 野坂氏と会場参加者によるテクニカル分析<移動平均線>についてのディスカッション」

  • 講師:野坂晃一 株式会社証券ジャパン 投資情報部次長
  • 場所:事務局セミナー室(兜町平和ビル4階)
  • 日時:3月11日(水)18:30~20:00
  • 内容:日本でも50名程度と少なく、国際的に認められたテクニカルアナリストの最高峰の資格であるMFTA(国際テクニカルアナリスト連盟 検定テクニカルアナリスト)保持者である野坂晃一氏がテクニカル分析の「移動平均線」について45分~60分程度講義を行った後、そのテーマに対し、会場参加者との自由で効果的なディスカッションを通じ、テクニカル分析力の向上を図るためのセミナーです。

「移動平均線」とは?
移動平均線はテクニカル分析の中で最もよく使われるツールです。仕組みは非常に簡単ですが、長年に亘って相場に携わる人達曰く、「移動平均線に始まって、移動平均線に帰る」と言われる程、その重要性はテクニカル分析の原理・原則の大切さを噛みしめることを教えてくれます。移動平均線とは、簡潔に言うと相場のトレンドの方向性を見る指標です。平均とは得られるデータを平準化しバラツキを排除し、ある一群の数値を1つの数値で代表させることを指します。この数値を連続化することにより、株価トレンドの方向性を把握することが可能になるのです。

 

今ならまだ間に合う『量的緩和バブル』崩壊に備える投資法

  • セミナー(講演Ⅰ部):『今ならまだ間に合う『量的緩和バブル』崩壊に備える投資法』
  • 講師:土居 雅紹氏 CFAe ワラント証券株式会社チーフ・オペレーティング・オフィサー
  • 場所:事務局セミナー室(兜町平和ビル4階)
  • 日時:3月17日(火)18:30~20:00
  • 講演概要
  • ・大相場(バブル)の周期
  • ・今起こっていること(ベースマネーの膨張)
  • ・バフェット指標とソロスチャート
  • ・暴落と分散投資
  • ・バブル崩壊を前提に考えた投資手法(VIXと日経VI、半年効果のアノマリー、信用損益率とPCレシオをタイミングシグナルに使う
  • ・バブル形成と崩壊を前提にNISAを使うなら
  • 経歴
  • どい・まさつぐ。
  • eワラント証券チーフ・オペレーティング・オフィサー。CFA協会認定証券アナリスト、(社)証券アナリスト協会検定会員。1988年一橋大学卒業後、大和証券に入社し、証券アナリストとして個別株分析に精通。1993年米国ノースカロライナ大MBA取得、1993~1995年大蔵省財政金融研究所勤務。1995年大和証券に戻り店頭エクイティ・デリバティブの立ち上げに従事。1998年ゴールドマン・サックス証券入社。2000年にeワラントを開発・導入。2011年8月より現職。カバードワラントの第一人者であるとともに、経済のグローバル化とバブルの巨大化に対応した個人投資家のための投資手法を長年の研究テーマとしている。主な著書に『最強の「先読み」投資メソッド』(ビジネス社)、『勝ち抜け!サバイバル投資術』(実業之日本社)、『eワラント・ポケット株オフィシャルガイド』(共著、翔泳社)、『OTCエクイティ・デリバティブ入門』(共著、金融財政事情研究会)がある。

『誰でもわかるアルゴリズム』~ビッグデータ解析からの投資戦略~

  • セミナー(研究Ⅱ部):『「誰でもわかるアルゴリズム」~ビッグデータ解析からの投資戦略~
  • 講師:尹 煕元(ユン ヒウォン) 工学博士 株式会社シーエムディーラボ 代表取締役
  • 場所:事務局セミナー室(兜町平和ビル4階)
  • 日時:3月19日(木)18:30~20:00
  • 略歴:
  • 1988年 ソロモン・ブラザーズ・アジア証券会社にて自己売買部門トレーディングに従事
  • 2000年 株式会社シーエムディーリサーチを共同パートナーと設立
  • 2007年 株式会社シーエムディーラボを設立、代表取締役。日本テクニカルアナリスト協会評議員も従事、現在に至る
  • 内容:工学博士である尹先生がアルゴリズムトレードをわかりやすく解説します。シンプルなテクニカル分析の良さを引き出しながら、アルゴリズムトレードの実践法をお話しします。

アベノミクスで日本株は復活するか~テクニカル分析で探るアベノミクス相場~

  • セミナー(講演Ⅱ部):『アベノミクスで日本株は復活するか~テクニカル分析で探るアベノミクス相場~』
  • 講師:藤原 尚之氏 エフ・エリオット代表
  • 場所:北浜フォーラム(大阪証券取引所)
  • 日時:3月21日(土)14:00~15:30
  • 内容:概要①アベノミクスの目的と課題②テクニカルでの鍵は2007年高値の18,300円を越えられるかどうか③日本経済復活へのシナリオ④リスク要因(詳しくはトップページにてご確認ください。)
  • /ntaw/02-cnt/uploads/2015/01/20150321大阪講演会.pdf

平均足~ Its Attributes and Application in Japanese Market

  • セミナー(講演Ⅰ部):『平均足~ Its Attributes and Application in Japanese Market』
  • 講師:Feng Han氏 Fidelity Investments Head of Technical Research, Asia
  • 場所:事務局セミナー室(兜町平和ビル4階)
  • 日時:3月25日(水)18:30~20:00
  • 内容:

各種リンク

こちらをクリックしてください