MENU

NTAA 国際テクニカルアナリスト連盟(IFTA)加盟 日本テクニカルアナリスト協会 特定非営利活動法人(NPO法人)

トレンドライン法

トレンド・ラインによるトレンド分析

価格は常に時間と共に変化しながら推移しますが、細かい値動きを無視すれば、ある大きな方向性を持って動いている時があります。この方向性のことをトレンドといいます。トレンドには長さの違いによって短期トレンド、中期トレンド、長期トレンドの3種類があり、また、その方向性によって上昇トレンド、下降トレンド、横這いトレンドの3種類があります。

では、このトレンドはどのようにして知るのでしょうか。1つの方法として、チャート上に過去の節目となる価格同士を結ぶ線を引く方法があります。上昇局面では安値同士、下降局面では高値同士を結びます。この線のことをトレンド・ラインと呼びます。また、安値同士を結んだ線をサポート・ライン(支持線)、高値同士を結んだ線をレジスタンス・ライン(抵抗線)と呼ぶこともあります。

トレンドは継続している時にはトレンド・ラインに沿って価格が推移することを前提にしたポジションをとり、価格がトレンド・ラインから大きく乖離した場合にはトレンドが変化した可能性があるのでポジションを閉じるというような使い方をします。

 

※日経平均株価は日本経済新聞社の著作物です。

各種リンク

 IFTA2018KUALA LUMPUR
 公式ウェブサイトへ
こちらをクリックしてください