MENU

NTAA 国際テクニカルアナリスト連盟(IFTA)加盟 日本テクニカルアナリスト協会 特定非営利活動法人(NPO法人)

一目均衡表

一目均衡表によるトレンド分析(基準線、転換線など)

一目均衡表は一目山人が編み出した相場分析の手法ですが、一般の分析手法と異なる点は「いつ目標値が達成されるのか」と言う時間論にウェイトが置かれていることです。一目均衡表は5本の折れ線グラフから構成されていますが、バックボーンとなる論理体系は極めて膨大で、ここから相場を読み取るには多大の努力が必要と思われます。ここではそれぞれのグラフの基本的な内容を記します。

① 転換線 当日を含む過去9日間の最高値と最安値の中間値を当日の転換値とする。
② 基準線 当日を含む過去26日間の最高値と最安値の中間値を当日の基準値とする。
③ 先行スパン1 転換値と基準値の中間値を、当日を含む26日の先行スパン1とする。
④ 先行スパン2 当日を含む過去52日間の最高値と最安値の中間値を、当日を含む26日先の先行スパン2とする。
⑤ 遅行スパン 当日の終値を、当日を含む26日前の遅行スパンとする。

均衡表では転換線が基準線を下から上へ突破することを「好転」したと言い、逆に転換線が基準線を上から下へ割れることを「逆転」したと言います。これはあくまでも均衡表の中の一つの指標ですが、強気、弱気を表すツールとして利用されています。

 

※ 日経平均株価は日本経済新聞社の著作物です。

各種リンク

 IFTA2018KUALA LUMPUR
 公式ウェブサイトへ
こちらをクリックしてください