MENU

NTAA 国際テクニカルアナリスト連盟(IFTA)加盟 日本テクニカルアナリスト協会 特定非営利活動法人(NPO法人)

ピボット

ピボット

J.Wellsワイルダーが考案した、前日の節目となる価格から、その日の節目となる価格水準を予測しようという計算手法で、保合場面で有効だといわれています。1日以内という極めて短期的な予測なので、1日の間に何回も売り買いするディーラー向けの手法といえるでしょう。

当日の中心となる価格 ピボット=(前日高値+前日安値+前日終値)÷3
下値支持となる価格 B1=前日終値-(前日高値-前日終値)
B2=前日終値-(前日高値-前日安値)
上値抵抗となる価格 S1=前日終値+(前日終値-前日安値)
S2=前日終値+(前日高値-前日安値)
ロスカット・ポイント HBOP=前日終値+(前日終値-前日安値)+(前日高値-前日安値)
LBOP=前日終値-(前日高値-前日終値)-(前日高値-前日安値)

 

※ 日経平均株価は日本経済新聞社の著作物です。

各種リンク

 IFTA2018KUALA LUMPUR
 公式ウェブサイトへ
こちらをクリックしてください