MENU

NTAA 国際テクニカルアナリスト連盟(IFTA)加盟 日本テクニカルアナリスト協会 特定非営利活動法人(NPO法人)

三角保ち合い

三角保合

もみ合い局面では、価格の変動幅が徐々にある価格に収束してゆくように推移することがあります。これを三角保合といい、いくつかのパターンに分類されています。

三角形型 初期の高値と安値の間のある価格に比較的短期間で収束してゆくパターンです。
逆三角形型 価格変化の幅が徐々に拡大してゆき、収束しないパターンです。あまり多くはありません。
ダイヤモンド型 逆三角形と三角形とが連続して起こったパターンです。
コイル型 時間をかけてゆっくり進行してゆく三角形です。
ペナント型 急騰や急落の後に三角形が続いたパターンです。急騰や急落の部分を端の竿に見立ててペナント(三角旗)と呼びます。
フラッグ型 急騰や急落の後、価格が収束せずに一定の価格変化幅で推移して長方形の旗のような形になるパターンです。
ウェッジ型 コイル型の1種ですが、価格が収束してゆく位置が、初期の高値と安値の外になるものです。

 

※ 日経平均株価は日本経済新聞社の著作物です。

各種リンク

 IFTA2018KUALA LUMPUR
 公式ウェブサイトへ
こちらをクリックしてください