IFTAについて

IFTAとは

国際テクニカルアナリスト連盟(The International Federation of Technical Analysts, 略称IFTA 非営利法人)は、1986年1月に米国デラウェア州でNPO法人として発足しましたが、その設立には当協会が深く関わっていました。

IFTA発足の2年前、1984年に米国の代表的なアナリスト協会の1つである市場技術者協会(Market Technicians Association, 略称MTA)の大会がモントレーで開かれました。そこに日本から当協会のメンバー16名が参加し、その時に開かれた会合でテクニカル分析の国際組織設立について話し合われました。

そしてIFTAが組織され、世界で最初の先物取引市場が開設された日本(*1)が、テクニカル分析においても最も歴史が古く(*2)、鉤足やローソク足などユニークな理論や手法など欧米諸国の知らない多種多彩な知的蓄積がある上、IFTA設立にも功績が大きかったことから、第1回目のIFTA年次総会は1988年秋に東京で開催されました。

日本、英国、カナダ及び米国2団体の計4カ国5団体を創立メンバーとして発足したIFTAは、9.11テロで当時世界貿易センタービル内にあった事務所が崩壊、収集した貴重な文献をすべて失う試練に見舞われましたが幸い人的被害は免れました。現在はメリーランド州ロックビルに事務所を移して、25カ国26団体(正会員協会18カ国19団体、準会員7カ国7団体)が加盟する大所帯となりましたが、今後はアジアを始めとする新興国の参加を得て、ますます拡大するものと予想されています。

*1 1730年に大坂堂島に開設された堂島米会所において行われた帳合米取引が、差金決済など近代的な仕組みを整備した先物取引としては、世界最古のものとされています。
*2 1724年生れの本間宗久は、米相場で莫大な富を築きましたが、その当時、既に星足や碇足、鉤足などの価格の記録方法があったといわれています。ただし、本間宗久本人が著した書物には、罫線についての記述はないといわれています。ちなみに、米国の古典であるダウ理論をチャールズ・ダウが考案したのは1900年頃だと考えられています。

 

IFTAの概要

(1) 名 称

国際テクニカルアナリスト連盟
「The International Federation of Technical Analysts,Inc.」(略称IFTA 非営利法人)

(2) 設 立

1986年1月22日 アメリカ デラウェア州

(3) 本 部

アメリカ メリーランド州 ロックビル

(4) 会 長

Mohamed El Saiid, CFTe, MFTA (エジプト・テクニカルアナリスト協会)President

(5) 加 盟

24カ国25団体

Member Societies :(正会員) 22ヵ国23団体
日本、オーストラリア、カナダ、エジプト、フランス、ドイツ、香港、インド、インドネシア、イタリア、レバノン、マレーシア、ニュージーランド、ナイジェリア、ルーマニア、スカンジナビア、シンガポール、南アフリカ、スペイン、スイス、イギリス、アメリカ(2協会)

Developing Member Societies :(準会員) 2ヵ国2団体
チュニジア、ガーナ

(6) IFTA会員総数

約7,018名 (うち、NTAA 2,586名)

(7) 資格認定者数

CFTe  2,272名 (うち、NTAA 545名)

MFTA  140名 (うち、NTAA 52名)   ※NTAA人数は2017年3月末現在

(8) 主 な 活 動

① 年次総会 ・ 大会開催
 第1回 1988年  東京
 第2回  1989年  ロンドン
 第3回  1990年  シャトー・モンテベロ(カナダ)
 第4回  1991年  メキシコシティ
 第5回  1992年  ダブリン(アイルランド)
 第6回  1993年  ニューヨーク
 第7回  1994年  パリ
 第8回  1995年  サンフランシスコ
 第9回  1996年  アムステルダム
 第10回  1997年  シドニー
第11回 1998年 ローマ
第12回 1999年 ナイヤガラ・オン・ザ・レイク(カナダ)
第13回 2000年 マインツ(ドイツ)
第14回 2001年 東京
第15回 2002年 ロンドン
第16回 2003年 ワシントン
第17回 2004年 マドリード
第18回 2005年 バンクーバー(カナダ)
第19回 2006年 ルガノ(スイス)
第20回 2007年 シャルム エル シェイク(エジプト)
第21回 2008年 パリ(フランス)
第22回 2009年 シカゴ
第23回 2010年 ベルリン(ドイツ)
第24回 2011年 サラエボ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)
第25回 2012年 シンガポール
第26回 2013年 サンフランシスコ
第27回 2014年 ロンドン
第28回 2015年 東京
第29回 2016年 シドニー
第30回 2017年 ミラノ
② 資格試験の実施

毎年 第1次、第2次、第3次試験実施

③ 会報(UPDATE)の発行 など

※IFTAデータは2017年6月末現在