MENU

NTAA 国際テクニカルアナリスト連盟(IFTA)加盟 日本テクニカルアナリスト協会 特定非営利活動法人(NPO法人)

通信教育テキストの概要

1st_book

第1分冊

Ⅰ. テクニカル分析とファンダメンタル分析の関係

Ⅰ-1. 株価予測のアプローチについて
Ⅰ-2. テクノ・ファンダメンタル分析について
 Ⅰ-2-1. テクノ・ファンダメンタル分析その1
 Ⅰ-2-2. テクノ・ファンダメンタル分析その2

Ⅱ. 日本経済と株価

Ⅱ-1. GDPと株価の関係
 Ⅱ-1-1. GDPについて
 Ⅱ-1-2. 国民経済計算
 Ⅱ-1-3. 名目と実質
 Ⅱ-1-4. 長期的な成長の局面
 Ⅱ-1-5. 循環的な景気の局面
 Ⅱ-1-6. 過剰流動性の局面
Ⅱ-2. 景気指標と株価の関係
 Ⅱ-2-1. 景気動向指数
 Ⅱ-2-2. 鉱工業生産指数
 Ⅱ-2-3. 日銀短観
Ⅱ-3. 財政政策と株価
Ⅱ-4. 金融政策と株価
 Ⅱ-4-1. 金融政策
 Ⅱ-4-2. マネーサプライとマネタリーベース
 Ⅱ-4-3. インフレーション
 Ⅱ-4-4. ディスインフレーションとデフレーション
 Ⅱ-4-5. GDPデフレータ
Ⅱ-5. 日本の景気循環と株価
 Ⅱ-5-1. 戦後以降の日本の景気循環
 Ⅱ-5-2. 景気循環の種類について
Ⅱ-6. 為替と株価
 Ⅱ-6-1. 金利差
 Ⅱ-6-2. 購買力平価
 Ⅱ-6-3. 国際収支
 Ⅱ-6-4. 実効為替レート

Ⅲ. 企業業績と株価

Ⅲ-1. 企業業績と株価
 Ⅲ-1-1. 企業収益と株価
 Ⅲ-1-2. 株式評価尺度
 Ⅲ-1-3. チャート・リーディング
Ⅲ-2. 株価のバリュエーション その1
 Ⅲ-2-1. 配当利回り
 Ⅲ-2-2. 株価収益率(PER)と益回り(EPR)
 Ⅲ-2-3. イールド・スプレッド
 Ⅲ-2-4. 株価純資産倍率(PBR)
 Ⅲ-2-5. 配当割引モデル(DDM)と成長株理論

Ⅳ. 市場全体の分析

Ⅳ-1. 騰落レシオ
Ⅳ-2. 新値株の分析
 Ⅳ-2-1. 新高値・新安値銘柄数
 Ⅳ-2-2. H-Lライン(New High-Low Cumulative)
Ⅳ-3. 先導株比率
Ⅳ-4. 上方乖離銘柄比率
Ⅳ-5. 市場人気(売買高)

Ⅴ. テクニカル分析

Ⅴ-1. トレンド分析
 Ⅴ-1-1. トレンドについて
 Ⅴ-1-2. トレンドライン分析
 Ⅴ-1-3. レベルラインの逆転
 Ⅴ-1-4. ファンライン
 Ⅴ-1-5. チャネルライン
 Ⅴ-1-6. インターナル・トレンドライン
 Ⅴ-1-7. パーセンテージ・リトレースメント
 Ⅴ-1-8. スピード・レジスタンス・ライン(SRL)
Ⅴ-2. 移動平均線(Moving Average Line)
 Ⅴ-2-1. 移動平均線について
 Ⅴ-2-2. 移動平均線による分析
  Ⅴ-2-2-1. 単線分析
  Ⅴ-2-2-2. 複数線分析
  Ⅴ-2-2-3. 移動平均線と株価の位置関係
 Ⅴ-2-3. 移動平均線乖離率
 Ⅴ-2-4. エンベローブ(移動平均線乖離率バンド)(Envelope)
 Ⅴ-2-5. ボリンジャーバンド(Bollinger Band)
Ⅴ-3. モメンタム分析
 Ⅴ-3-1. モメンタム(Momentum)
 Ⅴ-3-2. ROC(Rate of Change:期間騰落率)
 Ⅴ-3-3. MACD(Moving Average Convergence-Divergence:マック・ディー)
Ⅴ-4. フォーメーション分析
 Ⅴ-4-1. フォーメーションの区分け
 Ⅴ-4-2. リバーサルフォーメーション
 Ⅴ-4-3. コンティニュエーションフォーメーション
Ⅴ-5. 売買高分析
 Ⅴ-5-1. 逆ウォッチ曲線
 Ⅴ-5-2. 出来高回転率
 Ⅴ-5-3. 出来高オシレーター(VO)(Volume Oscillator)
 Ⅴ-5-4. 出来高変化率(V-ROC)(Volume Rate of Change)
 Ⅴ-5-5. ボリュームレシオ(VR:Volume Ratio)
 Ⅴ-5-6. ワコー・ボリュームレシオ(WVR:Wako Volume Ratio)
 Ⅴ-5-7. OBV(On Balance Volume、オン・バランス・ボリューム:累積騰落出来高)
 Ⅴ-5-8. 市場OBV
 Ⅴ-5-9. 累積出来高(VA:Volume Accumulation)

 

第2分冊

Ⅴ. テクニカル分析

Ⅴ-6. オシレーター分析
 Ⅴ-6-1. RSI(相対力指数:Relative Strength Index)
 Ⅴ-6-2. ストキャスティックス
 Ⅴ-6-3. RCI(順位相関係数)
 Ⅴ-6-4. DMI
 Ⅴ-6-5. サイコロジカルライン
 Ⅴ-6-6. コポック指数
Ⅴ-7.  サイクル分析
 Ⅴ-7-1. サイクルと景気
  Ⅴ-7-1(1) サイクルについて
  Ⅴ-7-1(2) コンドラチェフ・サイクル(長期循環)
  Ⅴ-7-1(3) クズネッツ・サイクル(順長期循環)
  Ⅴ-7-1(4) ジュグラー・サイクル(中期循環)
  Ⅴ-7-1(5) キチン・サイクル(短期循環)
  Ⅴ-7-1(6) 日経平均株価の10年循環
 Ⅴ-7-2. サイクルの基本
  Ⅴ-7-2(1) サイクルの定義と一般原則
  Ⅴ-7-2(2) サイクルトランスレーション
  Ⅴ-7-2(3) サイクルウインドウ
 Ⅴ-7-3. 日本罫線の相場サイクル論
  Ⅴ-7-3(1) 日本罫線の一般的サイクル観
  Ⅴ-7-3(2) 日本罫線の木佐森式サイクル観
Ⅴ-8. ローソク足
 Ⅴ-8-1. ローソク足
 Ⅴ-8-2. 単線分析
 Ⅴ-8-3. 複数足分析
Ⅴ-9. ダウ理論
Ⅴ-10. 一目均衡表
 Ⅴ-10-1. 一目均衡表の概念
 Ⅴ-10-2. 一目均衡表の作成方法
 Ⅴ-10-3. 読み方の基本
 Ⅴ-10-4. 波動について
 Ⅴ-10-5. 水準(基本計算値)について
 Ⅴ-10-6. 時間について
Ⅴ-12. エリオット波動論
 Ⅴ-12-1. エリオット波動理論の基本
 Ⅴ-12-2. インパルス・パターンを構成する5波について
 Ⅴ-12-3. コレクション(修正、corection)について
 Ⅴ-12-4. 複合コレクション(Miced complec corection)
 Ⅴ-12-5. その他の法則

Ⅵ. 需給分析

Ⅵ-1. 投資部門別状況
 Ⅵ-1-1. 投資部門別株式保有状況
 Ⅵ-1-2. 投資主体別売買動向
 Ⅵ-1-3. 海外投資家地域別売買
 Ⅵ-1-4. 先物投資部門別売買状況
Ⅵ-2. 仮需
 Ⅵ-2-1. 信用取引
  Ⅵ-2-1(1) 賃借倍率
  Ⅵ-2-1(2) 評価損益率
  Ⅵ-2-1(3) 空売り比率
Ⅵ-3. 仮需
 Ⅵ-3-2. 裁定残高
 Ⅵ-3-3. オプション建玉
Ⅵ-4. 投資家心理
 Ⅵ-4-1. 市場の投資心理
 Ⅵ-4-2. VIX指数
 Ⅵ-4-3. プロスペクト理論

&npsp;

テクニカルアナリスト職業行為基準

テクニカルアナリストが守るべき職業行為基準を定めたものです。詳細はこちら

各種リンク

 IFTA2018KUALA LUMPUR
 公式ウェブサイトへ
こちらをクリックしてください